NYダウまた下げるも、3月限利益です

NYダウ2日連続で急落!!

ドカベンです。NYまた下げました。879ドルの下げです。

ナイトで慎重に判断しようとポジションを継続してました。

ただ、会社の業務で予算の見直し対応の必要があり、かなりの残業が
必要となり相場チェックができそうになかったので、デイではずした逆指値を設定です。

(ポジション)
2020年3月限
コール 24375円 売り プット 22250円売り 買いは秘密(かなり保守的)

プットが320円くらいついていたので、逆指値を400円にしました。

①残業終えてチェックすると、日経先物下がったらしく400円で逆指値で決済。
残り2枚が含み益でした。

②自宅に帰り、NYオープンするも、だんだん下げてきてマイナスになったきたので、
買いポジションは指値で600円を設定。そして睡眠。

③あさ、600円はか軽く超えていたようで、イグジット済み。
コールのみ、朝9時にイグジットです。

これで、23万円の利益でした!!

結局は、下げ相場の買いで買っただけなのですが、プットと買いのポジションを下げ相場を意識して
設定できたのが勝因でしょう。

良かったです。

2回目はちょっと様子見で。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ


にほんブログ村

鉄則!日経オプション秘伝の書のレビューページです

追伸:
当ブログ経由で、鉄則をご購入してくださった方には、ドカベンの実績(たった24か月分ですが、、、)のポジションがわかる取引表がダウンロードできる特典があります。ご参考まで。

NYダウ1000ドルを超える暴落!?

NYダウ1000ドルを超える暴落!?

ドカベンです。

連休明けの25日(火)です。
3連休で下がるだろうと思っていましたが、ここまで下げるとは、
ホントにタイミングが読めないですね。。。

韓国の感染者増加に関しても、日本でもかなりやばいのかと想定されているのかもしれません。

クルーズ船の対応は失敗したのかもしれませんし、中国からの渡航を全面禁止にしなかったことも、
いまとなっては失敗と判断されるのかもしれませんが、その時点では妥当な判断だったのではないでしょうか?

武漢(中国)、韓国、日本、一体となってこれ以上の重症者を増やさない努力をし続けるしかないのでしょう。
予防や治療にあたっての情報共有については、しっかりやってほしいですね。

ただ、NYダウの急落については、経済状況の悪化は、もう1月末から想定されていることでしょうし、
海外勢がリスクを織り込んでいなかったのか、日本では報道されていない何かのニュースに反応したのか?
よくわからないです。

アメリカは、社会保険制度がないので、日本では死なないであろうインフルであっても、
たぶん、タミフルとかが高くて買えないこともあって、かるく死者が1.4万人も超えているそうですし。

鉄則の手法での、3月限のエントリーですが、実は、全くロスになっていません。

(エントリー)

2月14日(金)日経終値23687円 
コール 24375円 売り プット 22250円売り 買いは秘密(かなり保守的)
目標利益は、5万~10万円

上記のように、通常よりも下のプットですし、買いもかなり保守的なのです。

ですから、朝8:45~9:00までにオプションの寄付き予定価格でみても、2万円のプラスでした。
なので、プットに着けていた逆指値をキャンセルして、様子見で前場を見ています。
ランチタイムでは、5万円です。

25日の日経は22600円台で、終わるのではないかなと。

今日のナイトのNYを見て、決済するか継続するか判断します。

ではまた、ドカベンでした。

2020年3月限のエントリー

ドカベンです。

2月限の2回目はエントリーせず。

先週木曜日にブログ記載したはずなのですが、うまくいっていないようでした。すみません。

新型肺炎(コヴィッド)の対応で、日本政府もあたふたしているようです。
会社も先進的な企業は、テレワーク(自宅での業務)を推奨推奨されているようです。

私の会社はまだ紙資料での業務がまだまだあったり、デスクトップのPCなので、
完全に内部の業務なのですが、会社に行かないと仕事ができない状況です。

これを機に、経営層がBCP対応の一環として、テレワークが可能なような業務改革を
実施してくれたらいいのになー、と思いつつ会社に行っています。

さて、消費増税後のGDP落ち込みが想定以上あり、
新型肺炎の影響による中国メーカーの操業停止等で、サプライチェーンへの影響が取りざたされて、
ようやく、経済へのマイナスの影響が世間でも認識されてきたでしょうか?

2月18日の株価は、大きく下がってますね。

1000万人都市(100万でない)の武漢での死者が、2000人を超えるのは時間の問題でしょうが、
報道では、なんらかの持病がある年配者でなければ、回復している傾向があるのだとか。

なんとか経済へのインパクトが収まるように、頑張ってほしいです。

日本国内でも死者がでてますし、大型客船の集団感染の問題もあるので、
本気で政府が対応してほしいです。

あと何もできない野党は、桜の件は置いておいて、おとなしくしておいてほしい。ホントに。
安倍さんも、意味ないよ発言の気持ちは、よくわかりますが、挑発に乗らいでほしいです。

さて、鉄則!秘伝の書によるオプションですが、2月14日(金)の引けなりでエントリーしています。

相場は悲観的であろうと思うこと、1月で負けてしまったことから、
下落を意識したエントリーとしました。

2月14日(金)日経終値23687円

コール 24375円 売り プット 22250円売り 買いは秘密(かなり保守的)
目標利益は、5万~10万円

22750円くらいまで下げても、ロスカットしなくていいようなポジションとしました。

18日ナイトの時点で、5万円の利益出てますが、10万円までねばりたいかなと。

また、状況報告します。

ドカベンでした!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ


にほんブログ村

鉄則!日経オプション秘伝の書のレビューページです

追伸:
当ブログ経由で、鉄則をご購入してくださった方には、ドカベンの実績(たった24か月分ですが、、、)のポジションがわかる取引表がダウンロードできる特典があります。ご参考まで。

パンデミック??

ドカベンです。嫌な感じが的中してしまいました。

先週はまあまあ想定どおりの日経推移でしたが、
週明けの1月27日(月)朝から窓開けで、そのまま下落。

日経で500円程度下げましたね。
新型コロナウイルスの懸念だそうですが、
ブレグジットとか関係なかったようですね。。。

今週に利益確定できるかなと思っていたのですが、ロスカットです。

引けなりでポジションすべて決済で、43千円の損失です。

2回目は、今週の動き見てから考えます。

では、またドカベンでした。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ


にほんブログ村

鉄則!日経オプション秘伝の書のレビューページです

追伸:
当ブログ経由で、鉄則をご購入してくださった方には、ドカベンの実績(たった24か月分ですが、、、)のポジションがわかる取引表がダウンロードできる特典があります。ご参考まで。

2020年の相場は悲観的?

2020年の相場は悲観的?

2020年1月21日、デイで24000円あたりから、200円程度の急落でした。
少し意外でした。上を見ていた方が多かったのではないでしょうか。

特段のニュースはないようでして、何か嫌な感じですね。

私は、2020年の相場は、もう1月がピークかもしれないと考えています。

1月31日ブレグジットの後に、EUから悪いニュースがでてきて、
相場もドタバタすることがあるかもしれないと、心配しています。

ここ数年、実質破綻状態?にあると言われているドイツ銀行なんかの
ニュースが流れで出すと、相場は大きく下がるでしょうね。

そうならないことを期待していますが、暴落には要注意です。

(先物売りのチャンスかもしれませんが)

現在のポジションは、

1月14日(火)日経終値24025円 エントリー
コール売り 24875円 プット売り 23250円 買いは秘密
目標利益は108千円

です。

利益は4万円~5万円で推移です。
来週にもう少しあげて、24000円あたりでくすぶっていてくれたら、
利益確定いけるのではないかと。

ではまた。ドカベンでした。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ


にほんブログ村

2020年2月限のエントリー

2020年2月限のエントリー

正月も3連休も食べ過ぎで体重がUPしています。ドカベンです。

大発会後に23000円割れからの急騰で24000円。
ドタバタ動いています日経です。

米中貿易交渉やイランと米国の状況、香港の暴動などで、
今年もニュースに一喜一憂して株価が動かされるのでしょうね。

さて、2020年で初のエントリーです。

SQは3連休前だったので、金曜日のエントリーはパスしています。
連休明けの火曜日の引けなりでエントリーです。

1月14日(火)日経終値24025円
コール売り 24875円 プット売り 23250円 買いは秘密
目標利益は108千円

上がっても24500円くらいまでかなと見ていますが、
NYダウが強いので連騰していたら、まよわずに裁量ロスカットしていきます。

ではまた進捗ご報告します。

ドカベンでした。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ


にほんブログ村

2020年1月限も利益です。

2020年1月限は、大納会で利益確定させてます

ドカベンです。

年末はアメリカの相場は強いのに、日経は全く強くなかったですね。

2020年の1月限ですが、大納会で決済です。

12月16日(月)日経225終値23952円
コール 24875円売、プット 23250円売、 買いは秘密。

大納会の30日の引けなりで決済しまして、5万円の利益でした。

さて、2020年はどんな相場になるのでしょうか?

ではまた、ドカベンでした。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ


にほんブログ村

2020年1月限のエントリー。

2020年1月限のエントリー。大丈夫か?

ドカベンです。
24000円を挟んでくすぶっている日経です。

2020年の1月限ですが、24000円に乗ったのにコールのプレミアムが高くなく面白みに欠けますね。
年末ですし、来年の1月での下落を見越しているのでしょうか。

鉄則の手法ですが、16日の引けなりで、一応エントリーです。

12月16日(月)日経225終値23952円
コール 24875円売、プット 23250円売、 買いは秘密。

目標は少なくて、5万円行けばOK。
(マニュアルでは10万ですが、売建合計で13万程度なので、それは厳しいかなと)

いかなくても大納会には決済予定です。

日経は年末まで、24000円あたりでちょろちょろして、大納会で24200円くらいで終わるってことを勝手に想定していますが、さてどうなるか?

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ


にほんブログ村

鉄則!日経オプション秘伝の書のレビューページです

追伸:
当ブログ経由で、鉄則をご購入してくださった方には、ドカベンの実績(たった24か月分ですが、、、)のポジションがわかる取引表がダウンロードできる特典があります。ご参考まで。

やはり日経予想通り24000円へ突入です。

そうだと思っていたのです。日経予想通り24000円へ突入です。

ドカベンです。
やはり11月下旬に予想したとおり、日経SQ週に24000円乗せてきましたね。

米中関税の第4弾発動延期が、12月13日(金)に急騰した理由ですね。
(NY時間にすでにあがってましたが)

昨年のクリスマスショックのようなことは、トランプも避けたいだろうから
こうなるだろうと予想していました。

しかしながら、予想は当たりましたが、ポジションとってないので、残念ながら利益はゼロでした。
ウィークリーオプションでコール1枚か、先物ミニでも買っていればよかったですね。。。。

さて、本日SQなので、鉄則!のエントリー日なのですが、デイの引けなりではパスしました。
ナイトで様子みてましたが、、なかなかナイトも強そうなので、
月曜日の様子をみてから、1月限エントリーしようかと思います。

12月中に決済する予定なので、あまり利益は期待できないかもですけど。

では皆様、よい週末を!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ


にほんブログ村

鉄則!日経オプション秘伝の書のレビューページです

追伸:
当ブログ経由で、鉄則をご購入してくださった方には、ドカベンの実績(たった24か月分ですが、、、)のポジションがわかる取引表がダウンロードできる特典があります。ご参考まで。

鉄則!日経オプション秘伝の書。2019年実績です。

ドカベンです。
まだ12月は残っていますが、限月区切りでの2019年成績結果です。

 損益年間合計(千円)
2019年1月-39-39
2019年2月10162
2019年3月98160
2019年4月128288
2019年5月48336
2019年6月119455
2019年7月-16439
2019年8月59498
2019年9月87585
2019年10月110695
2019年11月33728
2019年12月110838

2019年トータルでは、838千円、年利83%、月利7%となりました。

2018年は、1078千円、年利107%、月利9%ですので、少し下回る結果です。

鉄則の手法に慣れたこともあり、無理矢理、2回目を積極的に実施したり、
2回目を翌々月でエントリーしたりしてみて、逆に負けたことが要因かなと思います。
それでもトータル利益なので、個人的には満足しています。

しかも、1セットは100万円ですが、昨年の利益および別途資金を投下したので、2セットで運用している月もありますので、上記よりも多くの利益が出ています。

ありがたいですね。

来年も資金を増やしたいです。

ではまた、ドカベンでした!

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ


にほんブログ村

鉄則!日経オプション秘伝の書のレビューページです

追伸:
当ブログ経由で、鉄則をご購入してくださった方には、ドカベンの実績(たった12か月分ですが、、、)のポジションがわかる取引表がダウンロードできる特典があります。ご参考まで。